manapedia
蜻蛉日記原文全集「九月ついたちにおこたりぬ」
著作名: 古典愛好家
4,344 views
蜻蛉日記

九月ついたちにおこたりぬ

九月ついたちにおこたりぬ。八月廿余日よりふりそめにし雨、この月もやまずふりくらがりて、此の中川も大川もひとつにゆきあひぬべく見ゆれば、いまやながるるとさへおぼゆ。世中いとあはれなり。門のわさ田もいまだかりあつめず、たまさかなる雨間(あまま)には焼米(やいごめ)許(ばかり)ぞわづかにしたる。

もがき、世界にもさかりにて、この一条の太政の大殿の少将ふたりながら、その月の十六日になくなりぬといひさわぐ。思ひやるもいみじきことかぎりなし。これをきくも、おこたりにたる人ぞゆゆしき。かくてあれど、ことなることなければ、まだありきもせず。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。