manapedia
百年戦争の主な流れ~ジャンヌ=ダルク、シャルル7世戴冠、イギリスの撤退~
著作名: エンリケ航海王子
19,091 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ALT

(シャルル7世の戴冠とジャンヌ=ダルク)

百年もの間、イギリスとフランスが戦った戦争がありました。クレシーの激戦や英雄ジャンヌの活躍など、後世にもさまざまな物語が伝えられています。
このテキストでは、その百年戦争の主な流れを説明します。

百年戦争の大まかな流れ

百年戦争は、1339年から1453年まで行なわれたイギリスとフランスの戦争です。
イギリス王エドワード3世が、フランスのカペー朝断絶に際して、自分の母親の血筋を主張して王位継承権をめぐってフランスと対立し、戦争が始まりました。
以下がその大まかな流れです。

1328年シャルル4世死去によりカペー朝が断絶し、ヴァロワ朝始まる
1339年百年戦争開始。フィリップ6世(ヴァロワ朝)vsエドワード3世(プランタジネット朝)
1346年クレシーの戦い→イギリスの勝利
1356年ポワティエの戦い→エドワード黒太子が仏王ジャン2世を捕虜にする
1347年ペストの大流行
1358年ジャックリーの乱(フランス国内)
1381年ワット=タイラーの乱(イギリス国内)
1415年アザンクールの戦い→イギリス大勝
1429年ジャンヌ=ダルクがオルレアン解放→シャルル7世戴冠→フランスの反撃
1453年イギリスはカレー市以外の大陸から撤退
1455年ばら戦争開始。ランカスター家vsヨーク家


おわりに

百年戦争は、イギリス・フランス双方に大きな痛手を遺しましたが、その後のヨーロッパ社会の変容に大きな影響を与えました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史