manapedia
ファシズムの誕生、ソ連・アメリカの発展(スターリン体制、アメリカ社会の繁栄など) 受験対策問題 97
著作名: レキシントン
4,918 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ALT

ソ連の社会主義建設とアメリカの繁栄で押さえておきたいポイント

※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。

東欧・バルカン諸国の状況

・ハンガリーは、1918年に共和国として再出発した。しかし1919年敗戦後の混乱のさなかにハンガリー革命が起き、ロシア革命にならってソヴィエト政権が樹立されたが、ルーマニア軍や政治家ホルティにより打倒された。

・チェコスロヴァキアでは、初代大統領のマサリクベネシュなどの政治家が活躍し、西欧のように議会主義を根付かせ、工業国として経済発展も進んだ。

・ポーランドでは、独立運動を指導したピウスツキが1918年に独立を宣言し、国家元首となりポーランド=ソヴィエト戦争をはじめた。

イタリアの状況

・イタリアでは、第一次世界大戦後に北イタリアで大規模なストライキがおこり、社会不安が広がった。当時、政界にはイタリア社会党やそこから分離した社会党左派があったが、1919年に政治家ムッソリーニファシスト党を結成し、1922年ローマ進軍というデモクーデターを強行した。

・ムッソリーニは、1926年の議会でファシスト党以外の全党を解散させ、ファシズム大評議会を国家最高議決機関とし一党独裁制を確立した。このような議会制民主主義を否定する独裁政治をファシズムといい、ドイツのナチス党などとともに第二次世界大戦につながる政治体制となっていった。

・対外的には、ユーゴと争っていたフィウメを併合し、1926年にティラナ条約アルバニアを保護国化した。また、1870年にローマ教皇領をイタリア政府が併合して以来断絶状態だったローマ教皇庁とラテラン(ラテラノ)条約を1929年に結び、ヴァチカン市国を独立国家として認めた。

ソ連の状況

1924年1月に、ロシア革命の指導者レーニンが死去すると、後継者争いが激化した。世界革命論を唱えたトロツキーはレーニンの後継者と見られていたが、一国社会主義論を主張したスターリンにより失脚させられ、のちに暗殺された。

・スターリンは、その後ソ連共産党の指導者ブハーリンなど、対立する政治家を次々と失脚させ、1930年代に事実上の独裁政治をはじめた。

・1928年から1932年にかけて、ロシアでは第1次五カ年計画が開始された。第1次五カ年計画では、重工業優先政策と農業の機械化・集団化がめざされ集団農場のコルホーズ、国営農場のソフホーズが拡大した。ソ連は工業化が進んだものの農業が衰退し、全国的に多数の餓死者が発生した。こうした結果を受け、第2次五カ年計画が始められたが、国際情勢の緊迫化から最終的に重工業や軍需工業に重点が置かれた。1938年から1942年にかけて第3次五カ年計画が始められたが、1941年の独ソ戦開始により中断した。

・1930年代はじめから、スターリンが死去する1953年までをスターリン体制といい、反対派の粛清が続けられた。1933年にアメリカがソ連を承認し、1934年には国際連盟に加入した。1936年にはスターリン憲法が制定されたが、市民権利が保障されず、民主的な憲法ではなかった。また、スターリン体制下では、少数民族のチェチェン人・タタール人・朝鮮人などの少数民族強制移住が行われ、多数の犠牲者を出した。

アメリカの状況

・第一次世界大戦時、アメリカは連合国に対し様々な兵器を供給し、戦前の債務国から債権国と変貌を遂げた。世界経済の中心はイギリスのロンバート街(ロンドン)からアメリカのウォール街(ニューヨーク)へ移った。

・モンロー主義の延長として、アメリカは孤立主義を貫いた。第一次世界大戦後特に盛んになり、ウィルソンの外交政策やアメリカの国際連盟加盟を阻止した。

・1919年には禁酒法が制定され、1920年には女性参政権が成立した。アメリカ社会は、ホワイト(W)・アングロ=サクソン(AS)・プロテスタント(P)のワスプ(WASP)という北部の白人中産階級が中心となり、K・K・K(クー=クラックス=クラン)という白人至上主義団体も1920年代に復活した。同じ時期には、2人のアナーキストが証拠不十分のまま殺人罪で有罪判決となったサッコ・ヴァンゼッティ事件も起き、アメリカ社会は保守主義・独善主義となっていった。

・共和党の第29代大統領ハーディングは、政権下で汚職事件がおこった。在職中死去したハーディングのあと、30代大統領としてクーリッジが就任し、在職中アメリカは好景気にささえられ、自由放任主義をすすめた。

・1875年以来、移民法が多数可決された。1924年のものは排日移民法といわれ、移民数を15万人程度に抑え、日本人移民を全面的に禁止する内容であった。

・共和党の第31代大統領フーヴァーは、資本主義の永遠の繁栄を述べ、経済成長がつづたが、その後ウォール街で株の大暴落がきっかけとなり、世界恐慌が始まった。

・民間部門の生産性向上もおこり、アメリカは大量生産・大量消費の社会となっていった。大量生産方式とローン決済広がりにより、アメリカ的生活様式が成立し、経済・文化が豊かになっていった。特に、大衆車を生み出したフォードは、大量生産・大量消費時代の象徴であった。また、資本家と労働者の中間に位置する新中間層も生まれた。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史