manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくて月はてぬれば」
著作名: 古典愛好家
2,215 views
蜻蛉日記

かくて月はてぬれば

又の日も、まだしきに

「昨日はうそぶかせ給ふことしげかんめりしかば、えものもきこえずなりにき。いまのあひだも御いとまあらば、おはしませ。上のつらくおはしますこと、さらにいはんかたなし。さりともいのち侍らば世の中は見給へてん。死なばおもひくらべてもいかがあらん。よしよしこれはしのびこと」


とて、みづからはものせず。


又二日許ありて、まだしきに、

「よくきせん、そなたにやまゐり来(く)べき」


などあれば、

「はやうものせよ。ここにはなにせんに」


とて、出だし立つ。例の

「なにごともなかりつ」


とて帰りきたりぬ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。