manapedia
蜻蛉日記原文全集「あくれば五日のあか月に」
著作名: 古典愛好家
1,501 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

あくれば五日のあか月に

あくれば五日のあか月に、せうとたる人ほかよりきて、

「いづら、今日の菖蒲(さうぶ)は、などかおそうはつかうまつる。夜しつるこそよけれ」


などいふにおどろきて、菖蒲(さうぶ)ふくなれば、みな人もおきて格子はなちなどすれば、

「しばし格子はなまゐりそ。たゆくかまへてせん。御覧ぜんにもともなりけり」


などいへど、みなおきはてぬれば、事おこなひてふかす。昨日の雲かへす風うちふきたれば、あやめの香、はやうかかへて いとをかし。簀子(すのこ)に助とふたりゐて天下の木草をとりあつめて、

「めづらかなる薬玉(くすだま)せん」


などいひて、そそくりゐたるほどに、このごろはめづらしげなう、ほととぎすのむら鳥くそふくにおりゐたる、などいひののしる声なれど、空をうちかけりてふたこえみこえきこえたるは、身にしみてをかしうおぼえたれば、

「山ほととぎす今日とてや」


などいはぬ人なうぞ、うちあそぶめり。すこし日たけて、頭の君

「手つがひにものしたまはば、もろともに」


とあり。

「さぶらはん」


といひつるを、しきりに

「おそし」


などいひて人くれば、ものしぬ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。