manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくて月はてぬれば」
著作名: 古典愛好家
1,875 views
蜻蛉日記

かくて月はてぬれば

かくて月はてぬれば、はるかになりはてぬるに、思ひうじぬるにやあらん、おとなうて月たちぬ。


四日に、雨いといたうふるほどに、助の本に、

「雨間(あめま)侍らばたちよらせ給へ。きこえさすべきことなんある。上には、

「身の宿世(すくせ)のおもひしられ侍りて、きこえさせず」

ととり申させ給へ」


とあり。かくのみよびつつは、何ごとといふこともなくて、たはぶれつつぞかへしける。
  
                
             
            
               

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。