manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくてなほおなじごと」
著作名: 古典愛好家
1,455 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

かくてなほおなじごと

かくてなほおなじごと、たえず

「殿にもよほしきこえよ」


など、つねにあれば、かへりごとも見せんとて、

「かくのみあるを、ここにはこたへなんわづらひぬる」


とものしたれば、

「ほどをさものしてしを、などかかくはあらん。八月まつほどは。そこにびびしうもてなし給ふとか世にいふめる。それはしもうめきもきこえてんかし」


とあり。たはぶれと思ふほどにたびたびかかれば、あやしうおもひて、

「ここにはもよほしきこゆるにはあらず。いとうるさくはべれば、

「すべてここにはの給ふまじきことなり」

とものし侍るを、なほぞあめれば見たまへあまりてなん。さてなでふことにも侍るかな。

いまさらにいかなるこまかなづくべき すさめぬくさとのがれにしみを

あなまばゆ」


とものしけり。


頭の君、なほこの月のうちにはたのみをかけてせむ。このごろ例の年にもにず、ほととぎす

「たちをとほして」


といふ許(ばかり)になくを、ここにも書く文のはしつかたに、

「例ならぬほととぎすのおとなひにも、やすき空なく思ふべかめり」


と、かしこまりをはなはだしうおきたれば、つややかなることはものせざりけり。

助、

「馬ぶねしばし」


と借りけるを、例の文のはしに、

「助の君に、

「ことならずは馬ぶねもなし」

ときこえさせ給へ」


とあり。かへりごとにも、

「馬ぶねは立てたるところありておぼすなれば、給らんにわづらはしかりなん」


とものしたれば、た ちかへりて、

「立てたるところはべなるふねは、けふあすのほどにらちふすべきところほしげになん」


とぞある。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。