manapedia
蜻蛉日記原文全集「さくねりても又の日」
著作名: 古典愛好家
1,353 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

さくねりても又の日

さくねりても又の日、

「助の君、けふ人々のがりものせんとするを、もろともに寮(つかさ)にときこえになん」


とて、門にものしたり。例の硯こへば紙おきて出だしたり。入れたるを見れば、あやしうわななきたる手にて、

「むかしの世にいかなる罪をつくり侍りて、かうさまたげさせ給ふ身となり侍りけん。あやしきさまにのみなりまさり侍るは、なり侍らんこともいとかたし。さらにさらにきこえさせじ。今はたかき峰になんのぼり侍るべき」


など、ふさに書きたり。かへりごと、

「あなおそろしや、などかうはのたまはすらん。うらみきこえ給ふべき人は、ことにこそ侍べかめれ。峰は知り侍らず、谷のしるべはしも」


と書きていだしたれば、助ひとつに乗りてものしぬ。助の、給はり馬いとうつくしげなるを取りてかへりたり。

その暮れに又ものして、

「一夜のいとかしこきまできこえさせ侍りしを思ひ給ふれば、さらにいとかしこし。

「いまはただ、殿よりおほせあらんほどを、さぶらはん」

などきこえさせになん、こよひは生(お)ひなほりしてまゐり侍りつる。

「な死にそ」

とおほせ侍りしは、千年(ちとせ)の命たふまじき心ちなんしはべる。手ををり侍れば指(および)三つ許(ばかり)はいとようふしおきし侍れど、おもひやりのはるかに侍れば、つれづれとすごし侍らん月日を、とのゐ許(ばかり)をすの端わたりゆるされ侍りなんや」


と、いとたとしへなくけざやかにいへば、それにしたがひたる返りごとなどものして、こよひはいととく帰りぬ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。