manapedia
蜻蛉日記原文全集「三月になりぬ」
著作名: 古典愛好家
3,334 views
蜻蛉日記

三月になりぬ

三月になりぬ。かしこにも女房につけて申しつがせければ、その人のかへりごと見せにあり。

「おぼめかせ給ふめればなむ。これ、かくなん殿のおほせはべめる」


とあり。見れば、

「「この月、日あしかりけり。月たちて」

となん、暦(こよみ)御覧じてただ今ものたまはする」


などぞ書いたる。いとあやしう、いちはやき暦(こよみ)にもあるかな、なでふことなり、よにあらじ、この文(ふみ)かく人のそらごとならんとおもふ。
                               
                           

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。