manapedia
蜻蛉日記原文全集「からうしてかへりて又の日」
著作名: 古典愛好家
2,584 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

からうしてかへりて又の日

からうしてかへりて又の日、出居(いでい)のところより夜ふけてかへりきて、ふしたるところよりきていふやう、

「殿なん、

「きんぢが寮(つかさ)のかみの、去年(こぞ)よりいとせちにのたうぶことのあるを、そこにあらん子はいかがなりたる。おほきなりや、心ちつきにたりや」

などのたまひつるを、又かのかみも、

「殿はおほせられつることやありつる」

などなんのたまひつれば、

「さりつ」

となん申しつれば、

「あさて許よき日なるを、御ふみたてまつらむ」

となんのたまひつる」


とかたる。いとあやしきことかな、まだ思ひかくべきにもあらぬを、とおもひつつ寝ぬ。

さてその日になりて文あり。いと返事(かへりごと)うちとけしにくげなるさましたり。中(うち)のことばは、

「つきごろはおもひ給ふることありて、殿につたへ申させはべりしかば、

「ことのさまばかりきこしめしつ。いまはやがてきこえさせよとなんおほせ給ふ」

とうけ給はりにしかど、いとおほけなき心のはべりけるとおぼしとがめさせ給はんを、つつみはべりつるになん。ついでなくてとさへおもひ給へしに、司召(つかさめし)み給へしになん、この助の君のかうおはしませば、まゐりはべらんこと、人見とがむまじう思ひたまふるに」


など、いとあるべかしう書きなし、はしに

「武蔵といひはべる人の御曹司に、いかでさぶらはん」


とあり。かへりごときこゆべきを、まづこれはいかなることぞとものしてこそは、とてあるに、

「「物忌やなにやとおりあし」

とて、え御覧ぜさせず」


とてもてかへるほどに、五六日になりぬ。


おぼつかなうもやありけん、助のもとに

「せちにきこえさすべきことなんある」


とて、よび給。

「いまいま」


とてあるほどに、つかひはかへしつ。そのほどに雨ふれど

「いとほし」


とていづるほどに、文とりてかへりたるを見れば、くれなゐの薄様ひとかさねにて、紅梅につけたり。ことばは、

「石の上(かみ)といふことは、しろしめしたらんかし、

はるさめにぬれたる花のえだよりも 人しれぬみのそでぞわりなき

あが君、あが君、なほおはしませ」


とかきて、などにかあらん

「あが君」


とある上はかい消ちたり。助、

「いかがせん」


といへば、

「あなむつかしや、道になんあひたるとて、まうでられね」


とて出だしつ。かへりて、

「などか、御消息きこえさせ給ふあひだにても、御かへりのなかるべき」

と、いみじううらみきこえ給ひつる」


などかたるに、いま二日三日許(ばかり)ありて、

「からうじて見せたてまつりつ。の給ひつるやうは、

「なにかは、いまおもひさだめてとなんいひてしかば、かへりごとははやうおしはかりてものせよ。まだきに来(こ)むとあることなん、便(びん)なかめる。そこにすむめありといふことは、なべてしる人もあらじ。人、異様(ことやう)にもこそ聞け」

となんの給」


ときくに、あな腹だたし、その言はん人を知るはなぞ、と思ひけんかし。


さてかへりごと、今日ぞものする。

「このおぼえぬ御消息は、この除目(ぢもく)の徳にやと思ひたまへしかば、すなはちもきこえさすべかりしを、

「殿に」

などの給はせたることのいとあやしうおぼつかなきを、たづねはべりつるほどの、もろこし許(ばかり)になりにければなん。されどなほ心えはべらぬは、いときこえさせんかたなく」


とてものしつ。はしに、

「曹司にとのたまはせたる武蔵は、

「みだりに人を」

とこそきこえさすめれ」


となむ。さてのち、おなじやうなることどもあり。かへりごと、たびごとにしもあらぬに、いたうはばかりたり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。