manapedia
蜻蛉日記原文全集「廿五日に、大夫しもにかしなとにもきおこなひなどす」
著作名: 古典愛好家
1,311 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

廿五日に、大夫しもにかしなとにもきおこなひなどす

廿五日に、大夫しもにかしなとにもきおこなひなどす。などぞすらんと思ふほどに、司召(つかさめし)のことあり、めづらしき文にて

「右馬助(むまのすけ)になん」


とつげたり。ここかしこによろこびものするに、その寮(つかさ)の頭、をぢにさへものしたまへば、まうでたりける、いとかしこうよろこびて、ことのついでに、

「殿にものし給ふなるひめぎみはいかがものし給ふ。 いくつにか、御としなどは」


と問ひけり。かへりて

「さなん」


とかたれば、いかできき給ひけん、なに心もなく、おもひかくべきほどしあられねば、やみぬ。


そのころ院の賭弓(のりゆみ)あべしとてさわぐ。頭も助もおなじかたに、出居(いでい)の日々にはいきあひつつ、おなじことをのみの給へば、

「いかなるにかあらん」


などかたるに、二月廿日のほどに弓にみるやう、



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。