manapedia
蜻蛉日記原文全集「ひんがしの門のまへなる田ども刈りて」
著作名: 古典愛好家
1,863 views
蜻蛉日記

ひんがしの門のまへなる田ども刈りて

ひんがしの門のまへなる田ども刈りて、ゆひわたしてかけたり。たまかさにも見えとふ人には、青稲からせて馬にかひ、焼米(やいごめ)せさせなどするわざに、おりたちてあり。小鷹の人もあれば、鷹ども外(と)にたちいでてあそぶ。例のところにおどろかしにやるめり。

さごろものつまもむすばぬたまのをの たえみたえずみよをやつくさん

かへりごとなし。又ほどへて、

つゆふかき袖にひえつつあかすかな たれながきよのかたきなるらん

かへりごとあれど、よし、書かじ。                 
       



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。