manapedia
蜻蛉日記原文全集「六七月おなじほどにありつつはてぬ」
著作名: 古典愛好家
2,159 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

六七月おなじほどにありつつはてぬ

六七月、おなじほどにありつつはてぬ。つごもり廿八日に、

「相撲(すまひ)のことにより内裏(うち)にさぶらひつれど、こちものせんとてなん、いそぎ出でぬる」


などて見えたりし人、そのままに八月廿余日まで見えず。聞けば、例のところにしげくなんと聞く。うつりにけりと思ばうつし心もなくてのみあるに、すむところはいよいよ荒れゆくを、ひとずくなにもありしかば、人にものしてわがすむところにあらせんといふことを、我がたのむ人さだめて、今日あす広幡中川(ひろはたなかがは)のほどにわたりぬべし。さべしとはさきざきほのめかしたれど、

「今日」


などもなくてやはとて、

「きこえさすべきこと」


ものしたれど、

「つつしむことありてなん」


とて、つれもなければ、

「なにかは」


とて、おともせでわたりぬ。


山ちかう川原(かはら)かたかげなるところに、水は心のほしきにいりたれば、いとあはれなるすまひとおぼゆ。二三日になりぬれど、知りげもなし。五六日許(ばかり)、

「さりけるを告げざりける」


と許あり。かへりごとに、

「さなんとは告げきこゆとなんおもひし。いと便(び)なきところに、はたかたうおぼえしかばなん、見たまひなれにしところにて、いまひとたびきこゆべくは思ひし」


など、たえたるさまにものしつ。

「さもこそはあらめ。便(び)なかなればなん」


とて、あとをたちたり。


九月になりて、まだしきに格子をあげて見いだしたれば、内なるにも外(と)なるにも川霧(かはぎり)たちわたりて、ふもとも見えぬ山の見やられたるも、いとものがなしうて、

ながれてのとことたのみてこしかども 我がなかがははあせにけらしも

とぞいはれける。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。