manapedia
蜻蛉日記原文全集「さてついたち三日のほどに」
著作名: 古典愛好家
2,104 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

さてついたち三日のほどに

さて例のものおもひは、この月も時々、おなじやうなり。廿日のほどに、

「遠うものする人にとらせん。この餌袋(ゑぶくろ)のうちに、袋むすびて」


とあれば、むすぶほどに、

「いできにたりや。歌を一(ひと)ゑぶくろいれて給へ。ここにいとなやましうて、え詠むまじ」


とあれば、いとをかしうて、

「の給へるもの、あるかぎり詠みいれてたてまつるを、もしもりやうせん、ことふくろをぞ給はまし」


とものしつ。


二日許(ばかり)ありて、

「心ちのいとくるしうても、ことひさしければなん、一(ひと)ゑぶくろといひたりしものを、わびてかくなんものしたりし、かへし、かうかう」


などあまたかきつけて、

「いとようさだめて給へ」


とて、雨もよにあれば、すこしなさけある心ちして待ち見る。おとりまさりは見ゆれど、さかしうことわらんもあいなくて、かうものしけり。

こちとのみ風のこころをよすめれば かへしはふくもおとるらんかし

と許(ばかり)ぞものしける。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。