manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくて又、廿余日のほどに見えたり」
著作名: 古典愛好家
3,332 views
蜻蛉日記

かくて又、廿余日のほどに見えたり

かくて又、廿余日のほどに見えたり。

さて三四日のほどに、ちかう火のさわぎす。おどろきさわぎするほどに、いととく見えたり。風ふきてひさしううつりゆくほどに鶏(とり)なきぬ。

「ささなれば」


とてかへる。

「「ここにと見ききける人は、まゐりたりつるよしきこえよとて、かへりぬ」

ときくも、おもだたしげなりつる」


などかたるも、屈(く)しはてにたるところにつけて見ゆるならんかし。


又つごもりの日許(ばかり)にあり。はひいるままに、

「火などちかき夜こそにぎははしけれ」


とあれば、

「衛士(ゑじ)のたくはいつも」


とこたへたり。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。