manapedia
蜻蛉日記原文全集「おほやけには例のそのころ八幡のまつりになりぬ。」
著作名: 古典愛好家
1,298 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

おほやけには例のそのころ八幡のまつりになりぬ。

おほやけには、例の、そのころ八幡のまつりになりぬ。つれづれなるをとて、しのびやかに立てれば、ことにはなやかにていみじう追ひちらすもの来(く)。たれならむとみれば、御前どもの中に例みゆる人などあり。さなりけりと思ひてみるにも、まして我が身いとはしき心ちす。簾(すだれ)まきあげ、下すだれおしはさみたれば、おぼつかなきこともなし。この車を見つけて、ふと扇(あふぎ)をさしかくしてわたりぬ。

「御文あり。」


とあるかへりごとのはしに、

「昨日はいとまばゆくてわたりたまひにき」


とかたるは、などかは、さはせでぞなりけん、わかわかしう」

と書きたりけり。かへりごとには、

「老いのはづかしさにこそありけめ。まばゆきさまにみなしけん人こそにくけれ」


などぞある。


又かきたえて十余日になりぬ。日ごろのたえまよりはひさしき心ちすれば、またいかになりぬらんとぞ思ひける。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。