manapedia
蜻蛉日記原文全集「さてついたち三日のほどに」
著作名: 古典愛好家
2,475 views
蜻蛉日記

さてついたち三日のほどに

さてついたち三日のほどに、午(うま)時ばかりに見えたり。老いてはづかしうなりにたるに、いとくるしけれど、いかがはせん。と許(ばかり)ありて、

「方ふたがりたり」


とて、わが染めたるともいはじ、にほふ許(ばかり)のさくらがさねの綾、文はこぼれぬばかりして、固紋(かたもん)のうへのはかまつやつやとして、はるかに追ひちらしてかへるを聞き つつ、あなくるし、いみじうもうちとけたりつるかななど思ひて、なりをうち見れば、いたうしほなえたり。鏡をうち見ればいとにくげにはあり、またこたび、うじはてぬらんとおもふことかぎりなし。かかることをつきせずながむるほどに、ついたちより雨がちになりにたれば、

「いとどなげきのめをもやす」


とのみなんありける。


五日、夜中許に世の中さわぐをきけば、さきに焼けにし憎どころ、こたみはおしなぶるなりけり。


十日許にまた昼つかた見えて、

「春日へなん。まうづべきほどのおぼつかなさに」


とあるも、例ならねばあやしうおぼゆ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。