manapedia
蜻蛉日記原文全集「二月になりぬ」
著作名: 古典愛好家
2,177 views
蜻蛉日記

二月になりぬ

二月になりぬ。紅梅(こうばい)のつねの年よりも色こくめでたうにほひたり。わが心ちにのみあはれと見れども、なにと見たる人なし。大夫ぞ折りて例のところにやる。

かひなくてとしへにけりとながむれば たもともはなのいろにこそしめ

かへりごと、

としをへてなどかあやなくそらにしも 花のあたりをたちはそめけん

といへり。なほありのことやとまちみる。                 
                                    
                                
 

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。