manapedia
蜻蛉日記原文全集「大夫、そばのもみぢのうちまじりたる枝につけて」
著作名: 古典愛好家
1,970 views
蜻蛉日記

大夫、そばのもみぢのうちまじりたる枝につけて

大夫、そばのもみぢのうちまじりたる枝につけて、例のところにやる。

なつやまのこのした露のふかければ かつぞなげきのいろもえにける

かへりごと、

つゆにのみいろもえぬればことのはを いくしほとかはしるべかるらん

などいふほどに、よひになりて、めづらしき文(ふみ)こまやかにてあり。廿余日いとたまさかなりけり。あさましきことと目なれにたれば、いふかひなくて、なにごころなきさまにもてなすも、わびぬればなめりかしとかつおもへば、いみじうなんあはれに、ありしよりけにいそぐ。

そのころ県(あがた)ありきの家なくなりにしかば、ここにうつろひて、 類おほくことさわがしくてあけくるるも、人目もいかにとおもふ心あるまで音なし。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。