manapedia
蜻蛉日記原文全集「三月になりぬ」
著作名: 古典愛好家
2,164 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

三月になりぬ

三月になりぬ。木の芽、すずめがくれになりて、まつりのころおぼえて、榊(さかき)笛こひしう、いとものあはれなるにそへても、音なきことを猶おどろかしけるもくやしう、例の絶えまよりもやすからずおぼえけんは、なにの心にかありけん。

この月七日になりにけり。今日ぞ

「これ縫ひて。つつしむことありてなん」


とある。めづらしげもなければ、

「給はりぬ」


など、つれなうものしけり。昼つ方より、雨のどかにはじめたり。

十日、おほやけは八幡のまつりのこととののしる。我は、ひとのまうづめるところあめるに、いとしのびて出でたるに、昼つか方かへりたれば、あるじのわかき人々、

「いかでもの見ん。まだわたらざなり」


とあれば、かへりたる車もやがて出だし立つ。

又の日、かへさ見んと人々のさはぐにも、心ちいとあしうてふしくらさるれば、見ん心ちなきに、これかれそそのかせば、ただ檳榔(びらう)ひとつに四人許のりて出でたり。冷泉院の御門(みかど)の北の方にたてり。こと人おほくも見ざりければ、人ごこちしてたてれば、と許ありてわたる人、わがおもふべき人も陪従(べいじう)ひとり、舞人にひとりまじりたり。

このごろ、ことなることなし。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。