manapedia
蜻蛉日記原文全集「十六日、雨の脚いと心ぼそし」
著作名: 古典愛好家
1,641 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

十六日、雨の脚いと心ぼそし

十六日、雨の脚いと心ぼそし。

あくれば、この寝るほどにこまやかなる文みゆ。

「今日は方ふたがりたりければなん。いかがせん」


などあべし。かへりごとものして、と許(ばかり)あれば、みづからなり。日も暮れがたなるを、あやしとおもひけんかし。夜にいりて

「いかに、みてぐらをやたてまつらまし」


など、やすらひのけしきあれど、

「いとようないことなり」


など、そそのかし出だす。あゆみ出づるほどに、あいなう

「夜かずにはしもせじとす」


としのびやかにいふをきき、

「さらばいとかひなからん。異夜はありと、かならずこよひは」


とあり。それもしるく、そののちおぼつかなくて、八九日許になりぬ。かくおもひおきて、

「数には」


とありしなりけりと思ひあまりて、たまさかにこれよりものしけること、

かたときにかへしよかずをかぞふれば しぎのもろはもたゆしとぞなく

かへりごと、

いかなれやしぎのはねがきかずしらず おもふかひなきこゑになくらん

とはありけれど、おどろかしてもくやしげなるほどをなん、いかなるにかとおもひける。

このごろ、庭もはらに花ふりしきて、海ともなりなんとみえたり。

今日は廿七日、雨昨日のゆふべよりくだり、風ののちのはなをはらふ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。