manapedia
蜻蛉日記原文全集「十日、賀茂へまうづ」
著作名: 古典愛好家
1,595 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

十日、賀茂へまうづ

十日、賀茂へまうづ。

「しのびてもろともに」


といふ人あれば、

「なにかは」


とてまうでたり。いつもめづらしき心ちするところなれば、今日も心のばはる心ちす。田かへしなどするも、かうしひけるはとみゆ。紫野どほり北野にものすれば、沢にものつむをむな、わらはべなどもあり。うちつけに、ゑぐつむかとおもへば、裳すそおもひやられけり。船岡うちめぐりなどするも、いとをかし。くらう家にかへりて、うちねたるほどに、門いちはやくたたく。胸うちつぶれてさめたれば、おもひのほかにさなりけり。心の鬼は、もし、ここ近きところにさはりありて、かへされてにやあらんとおもふに、人はさりげなけれど、うちとけずこそおもひあかしけれ。つとめて、すこし日たけてかへる。さて、五六日許(ばかり)あり



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。