manapedia
蜻蛉日記原文全集「閏二月のついたちの日、雨のどかなり」
著作名: 古典愛好家
6,346 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

閏二月のついたちの日、雨のどかなり

閏二月のついたちの日、雨のどかなり。それよりのち天はれたり。

三日、かたあきぬとおもふを、おとなし。

四日もさて暮れぬるを、あやしとおもふおもふ寝てきけば、夜中許に火のさわぎするところあり。

「ちかし」


ときけど物うくておきもあがられぬを、これかれとふべき人、かちからあるまじきもあり。それにぞおきて出でてこたへなどして、

「火しめりぬめり」


とてあかれぬれば、いりてうちふすほどに、さきおふ者、門にとまる心ちす。あやしときくほどに、

「おはします」


といふ。ともし火のきえて、はひ入るに暗ければ、

「あな暗、ありつるものをたのまれたりけるにこそありけれ。ちかき心ちのしつればなん。いまはかへりなんかし」


といふいふうちふして、

「よひよりまゐりこまほしうてありつるを、をのこどもも皆まかりでにければ、えものせで。むかしならましかば、馬にはひのりてもものしなまし。なでふ身にかあらむ、なにばかりのことあらばかくて来(き)なんなど思ひつつねにけるを、かうののしりつればいとをかし。あやしうこそありつれ」


など、心ざしありげにありけり。あけぬれば

「車など、ことやうならん」


とて、いそぎかへられぬ。

六、七日、物忌ときく。

八日、雨ふる。よるは石のうへの苔くるしげにきこえたり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。