manapedia
蜻蛉日記原文全集「さて廿五日の夜、宵うちすぎてののしる」
著作名: 古典愛好家
2,500 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

さて廿五日の夜、宵うちすぎてののしる

さて廿五日の夜、宵うちすぎてののしる。火のことなりけり。

「いとちかし」


などさはぐをきけば、にくしと思ふところなりけり。その五六日は、礼の物忌みときくを、

「御門(みかど)の下よりなん」


とて文(ふみ)あり。なにくれとこまやかなり。今はかかるもあやしとおもふ。

七日はかたふたがる。

八日の日、未(ひつじ)の時ばかりに、

「おはしますおはします」


とののしる。中門おしあけて車ごめひきいるるをみれば、御前の男どもあまたながえにつきて、簾(すだれ)まきあげ、したすだれ左右おしはさみたり。榻(しぢ)もてよりたれば、おりはしりて、紅梅のただいまさかりなる下よりさしあゆみたるに、にげなうもあるまじううち見あげつつ、

「あなおもしろ」


といひつつあゆみのぼりぬ。

またの日をおもひたれば、又みなみふたがりにけり。

「などかは、さは告げざりし」


とあれば、

「さきこえたらましかば、いかがあるべかりける」


とものすれば、

「たがへこそはせましか」


とあり。

「おもふ心をや今よりこそは心みるべかりけれ」


など、なほもあらじに誰もものしけり。ちひさき人には手ならひ、歌よみなどをしへ、ここにてはけしうはあらじと思ふを、

「思はずにてはいとあしからん、いまかしこなるともろともに裳着せん」


などいひて、日くれにけり。

「おなじうは院へまゐらん」


とて、ののしりて出でられぬ。


このごろ空のけしきなほりたちて、うらうらとのどかなり。あたたかにもあらず、さむくもあらぬ風、梅にたぐひてうぐひすをさそふ。にはとりの声などさまざまなごうきこえたり。屋のうへをながむれば、巣くふすずめども、かはらのしたをいで入りさへづる。庭の草、こほりにゆるされがほなり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。