manapedia
蜻蛉日記原文全集「今日めづらしき消息ありつれば」
著作名: 古典愛好家
2,965 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

今日めづらしき消息ありつれば

今日めづらしき消息ありつれば、

「さもぞある、いきあひてはあしからん、いととくものせよ。しばしはけしき見せじ、すべてありやうにしたがはん」


などさだめつるかひもなく、先だだれにたれば、いふかひなくてあるほどに、と許(ばかり)ありて来(き)ぬ。

「大夫はいづこにいきたりつるぞ」


とあれば、とかういひまぎらはしてあり。日ごろも、かく思ひまうけしかば、

「身の心ぼそさに、人のすてたる子をなんとりたる」


などものしおきたれば、

「いで、見ん。誰が子ぞ。我いまは老いにたりとて、若人(わかうど)もとめてわれを勘当したまへるならん」


とあるに、いとをかしうなりて、

「さは見せたてまつらん。御子にし給はんや」


とものすれば、

「いとよかなり。させん。なほなほ」


とあれば、われもとういぶかしさによびいでたり。ききつる年よりもいとちひさう、いふかひなくをさなげなり。ちかうよびよせて

「立て」


とて立てたれば、丈四尺許にて、髪はおちたるにやあらん、裾さきたる心ちして丈に四寸許ぞたらぬ、いとらうたげにて、かしらつきをかしげにて様体(ぞうだい)いとあて はかなり。見て、

「あはれ、いとらうたげなめり。誰が子ぞ、なほいへ、なほいへ」


とあれば、はぢなかめるを、さはれ、あらはしてむと思ひて、

「さは、らうたしと見給ふや、きこえてん」


といへば、ましてせめらる。

「あなかしがまし、御子ぞかし」


といふにおどろきて、

「いかにいかに、いづれぞ」


とあれど、とみにいはねば、

「もしささのところにありと聞きしか」


とあれば、

「さなめり」


とものするに、

「いといみじきことかな。いまははふれ失せにけんとこそ見しか。かうなるまで見ざりけることよ」


とてうち泣かれぬ。この子もいかにおもふにかあらん、うちうつぶして泣きゐたり。みる人もあはれに、むかし物語のやうなれば、みな泣きぬ。ひとへのそであまたたび引き継いでつつ泣かるれば、

「いとうちつけにも、ありきには今は来じとするところに、かくていましたること。われゐていなん」


などたはぶれいひつつ、夜ふくるまで泣きみ笑ひみして、みな寝ぬ。


つとめて、帰らんとてよびいだして、見て、いとらうたがりけり。

「今ゐていなん、車よせばふと乗れよ」


とうち笑ひていでられぬ。それよりのち、文などあるには、かならず、

「ちひさき人はいかにぞ」


など、しばしばあり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。