manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくてなかなかなる身の便なきにつつみて」
著作名: 古典愛好家
2,446 views
蜻蛉日記

かくてなかなかなる身の便なきにつつみて

かくてなかなかなる身の便(び)なきにつつみて、世人のさわぐおこなひもせで、二七日はすぎぬ。

十四日ばかりにふるきうへのきぬ、

「これ、いとようして」


などいひてあり。

「着るべき日は」


などあれど、いそぎも思はであるに、手結(てつかひ)のつとめて

「おそし」


とあるに、

ひさしとはおぼつかなしやからごろも うちきてなれんさておくらせよ

とあるに、たがひて、これより文(ふみ)もなくてものしたれば、

「これかうよろしかめり。まをならぬがわろさよ」


とあり。ねたさにかくものしけり。

わびてまたとくとさわげどかひなくて ほどふるものはかくこそありけれ

とものしつ。それよりのち、

「司召(つかさめし)にて」


などて音なし。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。