manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくてまたあけぬれば」
著作名: 古典愛好家
2,872 views
蜻蛉日記

かくてまたあけぬれば

かくてまたあけぬれば、天禄三年といふめり。今年も、うきもつらきもともに心ちはれておぼえなどして、大夫さうぞかせていだしたつ。おり走りてやがて拝(はい)するを見れば、いとどゆゆしうおぼえてなみだぐまし。おこなひもせばやと思ふこよひより、不浄なることあるべし。これ人忌むといふことなるを、またいかならんとてにかと、心ひとつに思ふ。今年は天下ににくき人ありとも思ひなほらじなど、しめりて思へば、いとこころやすし。

三日は帝(みかど)の御かうぶりとて、世はさはぐ。白馬(あをむま)やなどいへども、心ちすさまじうて、七日もすぎぬ。
  




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。