manapedia
蜻蛉日記原文全集「しも月もおなじごとにて廿日になりにければ」
著作名: 古典愛好家
2,324 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

しも月もおなじごとにて廿日になりにければ

しも月もおなじごとにて廿日になりにければ、今日見えたりし人、そのままに廿よ日あとをたちたり。文(ふみ)のみぞふたたび許(ばかり)みえける。かうのみ胸やすからねど、おもひ尽きにたれば、心よわき心ちしてともかくもおぼえで、

「四日許の物忌(ものいみ)しきりつつなん。ただいま今日だにとぞ思ふ」


など、あやしきまでこまかなり。はての月の十六日ばかりなり。しばしありて、にはかにかいくもりて雨になりぬ。たふるるかたならんかしと思ひいでてながむるに、暮れゆくけしきなり。いといたくふればさはらむにもことわりなれば、昔はと許おぼゆるに、涙のうかびてあはれにもののおぼゆれば、念じがたくて人いだしたつ。

かなしくもおもひたゆるかいそのかみ さはらぬものとならひしものを

とかきて、いまぞ行くらんとおもふほどに、南面(みなみおもて)の格子もあげぬ外(と)に、人の気おぼゆ。人はえ知らず、われのみぞあやしとおぼゆるに、妻戸おしあけてふとはひ入りたり。いみじき雨のさかりなれば、おともえ聞こえぬなりけり。今ぞ

「御車とくさしいれよ」


などののしるも聞こゆる。

「年月(としつき)の勘事(かうじ)なりとも、今日のまゐりにはゆるされなんとぞおぼゆるかし。なほ明日はあなたふたがる、あさてよりは物忌などすべかめれば」


など、いとことよし。やりつる人はちがひぬらんとおもふに、いとめやすし。夜のまに雨やみにためれば、

「さらば暮れに」


などて、かへりぬ。

方ふたがりたれば、むべもなく、待つに見えずなりぬ。

「よべは人のものしたりしに、夜のふけにしかば経などよませてなんとまりにし。例のいかにおぼしけん」


などあり。山ごもりののちは、

「あまがへる」


といふ名をつけられたりければ、かくものしけり。

「こなたざまならでは、かたも」


などしげくて、

おほばこの神のたすけやなかりけん ちぎりしことをおもひかへるは

とやうにて、例の、日すぎて、つごもりになりにたり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。