manapedia
蜻蛉日記原文全集「さながら明けくれて廿余日なりにたり」
著作名: 古典愛好家
2,311 views
蜻蛉日記

さながら明けくれて廿余日なりにたり

さながら明けくれて廿余日なりにたり。明くれば起き暮るればふすをことにてあるぞ、いとあやしくおぼゆれど、今朝もいかがはせん。今朝も見出だしたれば、屋のうへの霜いとしろし。わらはべ、よべのすがたながら、

「霜くちまじなはん」


とてさわぐもいとあはれなり。

「あなさん。雪はづかしき霜かな」


と口おほひしつつ、かかる身のたのむべかめる人どもの、うちきこえごち、ただならずなんおぼえける。

神な月も、せちにわかれをしみつつすぎぬ。     
     
     
     

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。