manapedia
蜻蛉日記原文全集「八月といふは明日になりにためれば」
著作名: 古典愛好家
1,592 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

八月といふは明日になりにためれば

八月といふは明日になりにためれば、それより四日、例の物忌(ものいみ)とか、あきて、ふたたびばかり見えたり。かへりあるじは果てて、

「いとふかき山寺に修法せさすとて」


など聞く。三四日なりぬれどおとなくて、雨いといたくふる日、

「心ぼそげなる山住みは人とふものとこそききしか、さらぬはつらき物といふ人もあり」


とある返りごとに、

「きこゆべきものとは人よりさきに思ひよりながら、ものと知らせんとてなん。露けさはなごりしもあらじと思う給ふれば、よその雲むらもあいなくなん」


とものしけり。またもたち返りなどあり。

さて三日許のほどに、

「今日なん」


とて、夜さり見えたり。つねにしも、いかなる心のえ思ひあへずなりにたれば、われはつれなければ、人はた罪もなきやうにて、七八日のほどにぞわづかにかよひたる。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。