manapedia
蜻蛉日記原文全集「からうじて椿市にいたりて」
著作名: 古典愛好家
1,749 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

からうじて椿市にいたりて

からうじて椿市(つばいち)にいたりて、例のごととかくして出でたつほどに、日も暮れはてぬ。雨や風なほやまず。火ともしたれどふき消ちていみじくくらければ、夢のみちの心ちしていとゆゆしく、いかなるにかとまで思ひまどふ。からうじて祓(はらへ)殿にいたりつきけれど、雨もしらずただ水のこゑのいとはげしきをぞ、さななりと聞く。御堂にものするほどに心ちわりなし。おぼろげに思ふことおほかれど、かくわりなきに物おぼえずなりにたるべし、なにごとも申さで、明けぬといへど、雨なほおなじやうなり。昨夜(よべ)にこりてむげに昼になしつ。

おとせでわたるも森のまへを、さすがに

「あなかまあなかま」


と、ただ手をかきおもてをふり、そこらの人のあぎとふやうにすれば、さすがにいとせんかたなくをかしく見ゆ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。