manapedia
蜻蛉日記原文全集「さて明けぬれば大夫」
著作名: 古典愛好家
2,470 views
蜻蛉日記

さて明けぬれば大夫

さて明けぬれば大夫、

「何事によりてにかありけんと、まゐりて聞かん」

とてものす。

「よべはなやみたまふことなんありける。

「にはかにいとくるしかりしかばなん、え物せずなりにし」

となん、のたまひつる」


といふしもぞ、聞かでぞおいらかにあるべかりけるとぞおぼえたる。

「さはりにぞある、をもし」


とだに聞かば、何を思はましと思ひむつかるほどに、尚侍の殿より御文(ふみ)あり。見れば、まだ山寺かとおぼしくて、いとあはれなるさまにのたまへり。

「などかは、さしげさまさる住(すま)ひをもしたまふらん。されどそれにもさはりたまはぬ人もありと聞く物を、もてはなれたるさまにのみ言ひなしたまふめれば、いかなるぞとおぼつかなきにつけても、

いもせがはむかしながらのなからば 人のゆききのかげは見てまし


御かへりには、

「山の住ひは、秋のけしきも見給へんとせしに、またうき時のやすらひにて中空になん。しげさはしる人もなしとこそ思うたまへしか。いかに聞こしめしたるにか、おぼめかせたまふにも、げにまた、

よしや身のあせんなげきはいもせ山 なか行く水のなもかはりけり


などぞきこゆる。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。