manapedia
蜻蛉日記原文全集「ひるつ方、渡らせ給ふべし」
著作名: 古典愛好家
2,589 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

ひるつ方、渡らせ給ふべし

ひるつ方、

「渡らせ給ふべし。ここにさぶらへとなん仰せ事ありつる」


といふ。ものどもも来たれば、これかれさはぎて、日ごろみだれがはしかりつるところどころをさへ、ごほごほとつくるを見るに、いとかたはらいたく思ひ暮らすに、暮れはてぬれば、きたる男ども、

「御車の装束(さうぞく)なども皆しつるを、など今まではおはしまさざらむ」


などいふほどに、やうやう夜もふけぬ。ある人々、

「なほあやし、いざ人して見せにたてまつらん」


などいひて見せにやりたる人、かへり来て、

「只今なん御車の装束ときて、御随身ばらもみなみだれはべりぬ」


といふ。さればよとぞ、又思ふに、はしたなき心ちすれば、思ひなげかるることさらにいふかぎりなし。山ならましかば、かく胸ふたがる目を見ましやと、うべもなく思ふ。ありとある人もあやしくあさましと思ひさはぎあへり。ことしも三夜ばかりに来ずなりぬるやうにぞ見えたる。いかばかりのことにてとだに聞かばやすかるべしと思ひみだるるほどに、客人(まらうど)ぞ物したる。心ちのむづかしきにと思へど、とかくもの言ひなどするにぞ、すこしまぎれたる。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。