manapedia
蜻蛉日記原文全集「さてありふるほどに」
著作名: 古典愛好家
2,682 views
蜻蛉日記

さてありふるほどに

さてありふるほどに、京のこれかれのもとより文(ふみ)どもあり。みれば、

「今日、殿おはしますべきやうになんきく。こたみさへおりずば、いとつべたましきさまになん、世人も思はん。また、はたよに物したまはじ。さらんのちに物したらんは、いかが人笑へならん」


と、人々おなじことどもを物したるに、いとあやしきことにもあるかな、いかにせん、こたみはよにしぶらすべくもものせじと、思ひさわぐほどに、我がたのむ人、ものよりただ今のぼりけるままにきて、天下のことかたらひて

「げにかくてもしばしおこなはれよと思ひつるを、この君いとくちをしうなりたまひにけり。はや、なほ物しね。今日も日ならばもろともに物しね。今日も明日もむかへにまゐらん」


など、うたがひもなくいはるるに、いと力なく思ひわづらひぬ。

「さらば、なほ明日」


とて、物せられぬ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。