manapedia
蜻蛉日記原文全集「また、尚侍の殿よりとひ給へる御かへりに」
著作名: 古典愛好家
1,915 views
蜻蛉日記

また、尚侍の殿よりとひ給へる御かへりに

また、尚侍の殿よりとひ給へる御かへりに、心ぼそくかきかきて上文(うはぶみ)に

「西山より」


とかいたるを、いかがおぼしけん、又ある御かへりに、

「とはの大里より」


とあるを、いとをかしと思ひけんも、いかなる心々にてさるにかありけん。

かくしつつ日ごろになり、ながめまさるに、ある修行者、御嶽(みたけ)より熊野へ大峰どほりにこえけるがことなるべし、

と山だにかかりけるをとしらくもの ふかき心はしるもしらぬも

とて、おとしたりけり。
             
    

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。