manapedia
蜻蛉日記原文全集「大夫、一日の御かへり、いかでたまはらん。」
著作名: 古典愛好家
2,164 views
蜻蛉日記

大夫、一日の御かへり、いかでたまはらん。

大夫、

「一日の御かへり、いかでたまはらん。また勘当ありなんを、もてまゐらん」


と言へば、

「なにかは」


とて書く。

「すなはちきこえさすべく思う給へしを、いかなるにかあらん、まうでがたくのみ思ひてはべめるたよりになん。まかでんことはいつとも思う給へわかれねば、きこえさせんかたなく」


などかきて、

「何ごとにかありけん、御はしがきは。いかなることにかありけんと思ふ給へ出でんに、ものしかむべければ、さらに聞こえさせず。あなかしこ」


など書きて出だしたてたれば、例の、ときしもあれ、雨いたくふり神いといたく鳴るを、胸ふたがりてなげく。すこししづまりてくらくなるほどにぞ帰りたる。

「もののいとおそろしかりつる、御陵(みささぎ)のわたり」


などいふにぞ、いとぞいみじき。かへりごとを見れば、

「ひと夜の心ばへよりは、心よわげに見ゆるは、おこなひよわりにけるかと思ふにも、あはれになん」


などぞある。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。