manapedia
蜻蛉日記原文全集「かく、おもておもてにとざまかくざまに言ひなさるれど」
著作名: 古典愛好家
2,302 views
蜻蛉日記

かく、おもておもてにとざまかくざまに言ひなさるれど

かく、おもておもてにとざまかくざまに言ひなさるれど、我が心はつれなくなんありける。あしともよしともあらんをいなむまじき人は、此(この)ごろ京に物したまはず。文(ふみ)にて

「かくてなん」


とあるに、

「はたよかなり。しのびやかにて、さてしばしもおこなはるる」


とあれば、いと心やすし。人はなほ、すかしがてらにさも言はるるにこそあらめ、かぎりなき腹をたつと、かかるところを見おきてかへりにしままに、いかにともをとづれ来(こ)ず。いかにもいかにもなりなばしるべくやはありけるなどおもへば、これよりふかく入るとも、とぞおぼえける。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。