manapedia
増減表を作るのになぜ微分係数を用いるのか
著作名: ふぇるまー
6,238 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

増減表とは

"y=f(x)"のグラフを書いたときに、xがどの値のときにyの値が増え始め、xがどの値のときにyの値が減り始めるのかを表した表のことを、増減表といいます。

そしてyの値が増え始める、または減り始める境目を調べる為に、この単元でこれまで学習してきた微分を使います。

さて、まず教科書通りに書いてみましょう。その後に、なぜそのような解き方をするのかを解説していきます。

"y=f(x)"というグラフの増減を調べると、次のことがいえます。

"f'(x)≦0"ならyの値は増える
"f'(x)=0"がyの増減の境目となる
"f'(x)≧0"ならyの値は減る


そもそもf'(x)は接線の傾きを表しています。が、なんでその値でグラフの増減がわかるのでしょうか。その答えを説明するために、"y=x²"のグラフを使って考えます。

ALT


例えばグラフの点Aや点Bでの接線の傾きは負ですが、このときグラフのyの値は、xの値が大きくなればなるほど減っていきますね。一方で点Cや点Dでの接線の傾きは正で、このときのグラフのyの値は、xの値が大きくなればなるほど増えていきます。このように、グラフのyの値の増減と接線の傾きが正か負かは相関関係があります。

以上のことから増減表は、y=f(x)の接線の傾き"f'(x)"が、どのタイミングで正になって、どのタイミングで負になるのかを表したものといえます。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II