manapedia
蜻蛉日記原文全集「山路なでふことなけれど」
著作名: 古典愛好家
1,963 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

山路なでふことなけれど

山路なでふことなけれど、あはれに、いにしへもろともにのみときどきは物せし物を、また病むことありしに、三四日も、このころのほどぞかし、宮づかへもたえ、こもりてもろともにありしは、など思ふに、はるかなる道すがら涙もこぼれゆく。とも人三人ばかりそひて行く。

まづ僧坊におりゐて見出だしたれば、前にませゆひわたして、まだなにとも知らぬ草どもしげきなかに、牡丹(ぼうたん)草ども、いとなさけなげにて花ちりはてて立てるを見るにも、散るかつはとよといふことをかへしおぼえつつ、いとかなし。

湯などものして御堂にと思ふほどに、里より心あはただしげにて人はしり来たり。とまれる人の文あり。見れば、

「ただいま殿より御文もて、それがしなんまゐりたりつる。

「ささしてまゐり給ふことあなり。かつがつまゐりてとどめきこえよ。ただ今わたらせ給ふ」


と言ひつれば、ありのままに、

「はや出でさせ給ひぬ。これかれも追ひてなんまゐりぬる」


と言ひつれば、

「いかやうにおぼしてにかあらんとぞ、御けしきありつるを、いかがさはきこえむ」


とありつれば、月ごろの御ありさま、精のよしなどをなん物しつれば、うち泣きて、

「とまれかくまれ、まづとくをきこえむ」


とて、いそぎ帰りぬる。されば論(ろ)なうそこに御消息ありなん。さる用意せよ」


などぞ言ひたるをみて、うたて心をさなくおどろおどろしげにやもしないつらん、いと物しくもあるかな。けがれなどせば、あすあさてなども出でなむとする物をと思ひつつ、湯のこといそがして堂にのぼりぬ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。