manapedia
蜻蛉日記原文全集「さて思ふに、かくだに思ひいづるもむつかしく」
著作名: 古典愛好家
2,559 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

さて思ふに、かくだに思ひいづるもむつかしく

さて思ふに、かくだに思ひいづるもむつかしく、さきのやうにくやしきこともこそあれ、なほしばし身をさりなんと思ひたちて、西山に例のものする寺あり、そち物しなん、かの物忌みはてぬさきにとて、四日、いでたつ。

物忌みも今日(けふ)ぞあくらんと思ふ日なれば、心あわただしく思ひつつ、物とりしたためなどするに、面筵(うはむしろ)のしたにつとめて食ふ薬といふ物、畳紙(たたうがみ)の中にさしれてありしは、ここに行き帰るまでありけり、これかれ見出でて

「これなにならん」


といふを取りて、やがて畳紙(たたうがみ)の中にかくかきけり。


さむしろのしたまつこともたえぬれば おかむかただになきぞかなしき

とて、文(ふみ)には

「「身をしかへねば」とぞいふめれど、前渡(まへわた)りせさせ給はぬ世界もやあるとて、今日なん。これもあやしき問はずがたりにこそなりにけれ」


とて、をさなき人の

「ひたやごもりならん消息(せうそこ)きこえに」


とてものするにつけたり。

「もし問はるるやうもあらば、「これは書きおきて、はやく物しぬ。追ひてなんまかるべき」とをものせよ」


とぞいひもたせたる。文うち見て心あわただしげに思はれたりけむ、返りごとには

「よろづいとことはりにはあれど、まづ行くらんはいづくにぞ、このごろはおこなひにもびんなからんを、こたみばかりいふこときくと思ひてとまれ。いひあはすべきこともあれば、ただいまわたる」


とて、

あさましやのどかにたのむとこのうらを うちかへしけるなみの心よ

いとつらくなん」


とあるを見れば、まいていそぎまさりてものしぬ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。