manapedia
蜻蛉日記原文全集「六月のついたちの日」
著作名: 古典愛好家
3,365 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

六月のついたちの日

六月のついたちの日、

「御物忌(ものいみ)なれど、御門(みかど)のしたよりも」


とて文(ふみ)あり。あやしくめづらかなりと思ひてみれば、

「忌(いみ)は今はもすぎぬらんを、いつまであるべきにか。住み所いとびんなかめりしかば、え物せず。物詣(ものまう)ではけがらひいできて、とどまりぬ」


などぞある。ここにと、今まで聞かぬやうもあらじと思ふに、心うさもまさりぬれど、念じて返りごと書く。

「いとめづらしきはおぼめくまでなむ。ここにはひさしくなりぬるを、げにいかでかはおぼしよらん。さても見給ひしあたりとはおぼしかけぬ御ありきの、たびたびになん。すべて今まで世にはべる身のおこたりなれば、さらにきこえず」


と物しつ。                            




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。