manapedia
蜻蛉日記原文全集「廿日ばかり行ひたる夢に」
著作名: 古典愛好家
2,989 views
蜻蛉日記

廿日ばかり行ひたる夢に

廿日ばかり行ひたる夢に、わがかしらをとりおろしてひたひをわく、と見る。あしよしもえ知らず。

七八日ばかりありて、我が腹のうちなる蛇(くちなは)ありきて肝を食む、これを治せむやうは、おもてに水なむいるべき、と見る。これもあしよしも知らねど、かくしるしおくやうは、かかる身のはてを見聞かん人、夢をも仏をももちゐるべしやもちゐるまじやと、さだめよとなり。                                                                                                                                                      

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。