manapedia
蜻蛉日記原文全集「ついたちの日をさなき人をよびて」
著作名: 古典愛好家
2,670 views
蜻蛉日記

ついたちの日をさなき人をよびて

ついたちの日、をさなき人をよびて、

「ながき精進をなんはじむる。「もろともにせよ」とあり」


とて、はじめつ。我はた、はじめよりもことごとしうはあらず、ただ土器(かはらけ)に香うちもりて脇息(けふそく)のうへにおきて、やがておしかかりて仏を念じたてまつる。その心ばへ、


「ただきはめてさいはひなかりける身なり。年ごろをだによに心ゆるびなくうしと思ひつるを、ましてかくあさましくなりぬ。とくしなさせたまひて、菩提かなへたまへ」


とぞ行ふままに、涙ぞほろほろとこぼるる。あはれ、今やうは女も数珠ひきさげ、経ひきさげぬなしと聞きしとき、

「な、まさり顔な、さるものぞやもめにはなるてふ」


などもどきし心は、いづちか行きけん。夜のあけくるるも心もとなく、いとまなきまで、そこはかともなけれど、おこなふとそそくままに、あはれ、さ言ひしを聞く人いかにをかしと思ひ見るらん、はかなかりける世を、などてさ言ひけん、と思ふ思ふおこなへば、かたとき涙うかばぬ時なし。人目ぞいとまさり顔なくはづかし ければ、おしかへしつつあかしくらす。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。