manapedia
蜻蛉日記原文全集「また二日ばかりありて」
著作名: 古典愛好家
2,297 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

また二日ばかりありて

また二日ばかりありて

「心のおこたりにはあれど、いとことしげきころにてなん。夜さり物せんにいかならん、おそろしさに」


などあり。

「心ちあしきほどにて、えきこえず」


と物して、思ひたえぬるに、つれなく見えたり。あさましと思ふに、うらもなくたはぶるれば、いとねたさに、ここらの月ごろ念じつることを言ふに、いかなる物とたえていらへもなくて、寝たるさましたり。聞き聞きて、寝たるがうちおどろくさまにて、

「いづら、はや寝たまへる」


と言ひわらひて、人わろげなるまでもあれど、岩木のごとして明かしつれば、つとめて物もいはで帰りぬ。

それよりのち、しひてつれなくて、

「例のことはり、これとしてかくして」


などあるもいとにくくて、いひ返しなどして、言(こと)たえて廿余日になりぬ。

「あらたまれども」


といふなる日のけしき、うぐひすの声などを聞くままに、涙のうかぬときなし。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。