manapedia
直線、半直線、線分とは何か
著作名: OKボーイ
74,245 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは図形の基本である、 直線 半直線 線分の概念について学びたいと思います。

直線

直線とは、どこまでも限りなく伸びている線のことを指します。
図示するとこのようになります。
ALT


点Aと点Bを通る直線を直線ABと言います。

半直線

続いて半直線です。半直線とは、片方は点でとまり、もう片方はどこまでも伸びている線のことを指します。例えばこのような場合です。
ALT


上の半直線は、 点Bを起点に点Aの方まで伸びています。
この半直線のことを半直線BAと言います。一方で下の半直線は、点Aを起点に点Bの方まで伸びていますので、半直線ABと言います。

線分

最後に線分です。線分とは両端が点で止まっている線のことを指します。
ALT


この線分のことを線分ABと言います。
それでは、次の線はどの区分になるでしょうか。
次のABの部分は直線か半直線か、線分か答えなさい。

ALT


答えは線分です。点Aと点Bの部分で止まっていますからね。
最後に

将来的に、「この線は直線か、半直線か、線分か答えよ」などという問題は出てきませんが、数学の図形の導入部分ですので、しっかりと理解しておきましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学