manapedia
蜻蛉日記原文全集「おほやけに相撲のころなり」
著作名: 古典愛好家
1,497 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

おほやけに相撲(すまひ)のころなり

おほやけに相撲(すまひ)のころなり。をさなき人、まゐらまほしげに思ひたれば、装束(さうぞ)かせて出だしたつ。

「まづ殿へ」


とてものしたりければ、車のしりにのせて、暮にはこなたざまに物したまふべき人のさるべきに申(まうし)つけておく。我はあなたざまにと聞くにもましてあさまし。またの日もきのふのごと、まゐるままにえしらで、夜さりは所の雜色(ざうしき)これらかれら、これがおくりせよとて、先立(さいだ)ちて出でにければ、ひとりまかでていかに心に思ふらん、例ならましかばもろともにあらましをと、をさなき心ちに思ふなるべし、うち屈(く)したるさまにて入りくるを見るに、せんかたなくいみじく思へど、なにのかひかあらん。身ひとつをのみ切りくだく心ちす。





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。