manapedia
蜻蛉日記原文全集「湯屋に物など敷きたりければ行きて臥しぬ」
著作名: 古典愛好家
1,464 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

湯屋に物など敷きたりければ行きて臥しぬ

湯屋に物など敷きたりければ行きて臥しぬ。心ちせんかたしらずくるしきままに、臥しまろびぞ泣かるる。夜になりて湯など物して、御堂(みどう)にのぼる。身のあるやうを仏に申すにも、なみだにむせぶばかりにて、いひもやられず。夜うちふけて外の方を見出だしたれば、堂はたかくて、下は谷とみえたり。片岸に木ども生(お)ひこりて、いとこぐらかりたる、廿日月夜ふけていとあかかりけれど、木かげにもりて、ところどころに来し方ぞ見えわたりたる、見下ろしたれば麓(ふもと)にある泉は鏡のごと見えたり。高欄(こうらん)におしかかりて、とばかりまもりゐたれば、片岸に草のなかにそよそよ白みたるもの、あやしき声するを

「こはなにぞ」


と問ひたれば、

「鹿のいふなり」


といふ。などか例の声には鳴かざらんと思ふほどに、さしはなれたる谷の方より、いとうらわかき声にはるかにながめ鳴きたなり。聞く心ちそらなりといへばおろかなり。おもひいりておこなふ心ち、ものおぼえでなほあれば、見やりなる山のあなたばかりに、田守(たもり)の物おひたる声、いふかひなくなさけなげにうちよばひたり。かうしもとり集めて肝をくだくことおほからんと思ふぞ、はてはあきれてぞゐたる。さて後夜(ごや)おこなひつればおりぬ。身よわければ湯屋にあり。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。