manapedia
蜻蛉日記原文全集「からうじて行きすぎて」
著作名: 古典愛好家
1,701 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

からうじて行きすぎて

からうじて行きすぎて、走井(はしりゐ)にて破籠(わりご)などものすとて、幕ひきまはしてとかくするほどに、いみじくののしるもの来(く)。いかにせん、誰ならん、供なる人見知るべきものにもこそあれ、あないみじと思ふほどに、馬にのりたるものあまた、車二三ひき続けてののしりて来(く)。

「若狹の守の車なりけり」


といふ。立ちもとまらで行きすぐれば、心ちのどめて思ふ。あはれ、ほどに従ひては思ふ事なげにても行くかな、さるは明け暮れひざまづきありくもの、ののしりてゆくにこそあめれと思ふにも、胸さくる心ちす。下衆ども、車の口につけるも、さあらぬも、この幕ぢかに立ちよりつつ水あみさわぐふるまひの、なめうおぼゆること物に似ず。我ともの人わづかに

「あふ立ちのきて」


などいふめれば、

「例もゆき来の人よる所とは知りたまはぬか、とがめ給ふは」


などいふを見る心ちは、いかがはある。


やりすごして今は立ちてゆけば、関うちこえて、打出(うちいで)の濱に死にかへりてゐたりたれば、先だちたりし人、舟にこも屋形ひきてまうけたり。ものもおぼえずはひ乗りたれば、はるはるとさし出だしてゆく。いと心ちいとわびしくもくるしうも、いみじう物かなしう思ふこと、たぐひなし。申(さる)のをはりばかりに、寺の中につきぬ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。