manapedia
蜻蛉日記原文全集「ともあれかくもあれただいとあやしきを」
著作名: 古典愛好家
3,450 views
蜻蛉日記

ともあれかくもあれ、ただいとあやしきを

ともあれかくもあれ、ただいとあやしきを、

「入る日をみるやうにてのみやは、おはしますべき。ここかしこにまうでなどもし給へかし」


など、ただこのころはことごとなく、明くればいひ暮るれば嘆きて、さらばいとあつきほどなりとも、げにさ言ひてのみやはと思ひたちて、石山に十日ばかりと思ひたつ。

しのびてと思へば、はらからといふばかりの人にもしらせず、心ひとつに思ひ立ちて、 明けぬらんと思ふほどに出ではしりて、加茂川のほどばかりなどにぞ、いかで聞きあへつらん、をゐて物したる人もあり。ありあけの月はいとあかけれど、あふ人もなし。川原には死人(しにびと)もふせりと見聞けど、おそろしくもあらず。


粟田(あはた)山といふほどに行きさりて、いとくるしきを、うち休めば、ともかくも思ひわかれず、ただ涙ぞこぼるる。人や見ると、涙はつれなしづくりて、ただ走りてゆきもてゆく。山科(やましな)にて明けはなるるにぞ、いと顕証なる心ちすれば、我(あれ)か人かにおぼゆる。人はみなおくらかし先立(さいだ)てなどして、かすかにてあゆみゆけば、あふもの、見る人あやしげに思ひてささめきさわぐぞいとわびしき。


 

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。