manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくてのみ思ふになほいとあやし」
著作名: 古典愛好家
3,391 views
蜻蛉日記

かくてのみ思ふになほいとあやし

かくてのみ思ふに、なほいとあやし。めづらしき人にうつりてなどもなし、にはかにかかることを思ふに、心ばへの知りたる人の

「うせ給ひぬる小野の宮の大臣(おとど)の御召人(めしうど)どもあり、これらをぞ思ひかくらん。近江ぞあやしきことなどありて、色めくものなめれば、それらにここにかよふと知らせじと、かねてたちおかむとならん」


といへば、きく人

「いでや、さらずとも、かれらいと心やすしときく人なれば、なにか、さわざわざしうかまへたまはずともありなん」


などぞいふ。

「もしさらずは、先帝のみこたちがならん」


と疑ふ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。